審査の本質について考えてみよう

キャッシングの審査と総量規制について

キャッシングを利用する際に避けては通れないのが審査です。審査は金融機関によって違いあり、また一般的には銀行よりも消費者金融の方が通りやすいとされています。ただし基本的にキャッシングの審査基準というのは収入が安定しているか、返済能力があるかどうかです。
キャッシングの比較情報が数多く掲載されたサイトがありますので、参考にされてみてください。
アルバイト、パートであっても勤続年数が長かったり、毎月決まった収入を得ている人であれば審査に通ることはあります。
審査以外に注意したいのは限度額です。限度額とは、個人が借りられる最高額のこと、もしくはその金融機関が設定している融資最高額のことです。消費者金融では総量規制があるので、例え高額借りられるところであっても年収の3分の1以上借りることは出来ないです。他所ですでにキャッシングを利用している場合には、その分も合わせて年収の3分の1までということになります。
銀行カードローンでは総量規制対象外ですが、それでも返済能力によって限度額が変わることが多いです。

審査の本質について考えてみよう

そもそもキャッシングの申し込み手続きをした後には、どうして審査が待っているのでしょうか。単純に利用者の立場だけを考えるなら、無審査でバンバン貸してくれたほうが有り難いに決まっています。
しかし心を落ち着けて、一度、業者の立場に立って考えてみることも必要なのではないでしょうか。もしも自分が誰かにお金を貸すとすれば、確実に返してくれる人にしか貸したくはないはずです。ですから、「この人は信用できないな」と感じるような人には、お金は絶対に貸さないはずです。キャッシング業者も、基本的には全く同じ気持ちなのです。
とにかく業者も商売でお金を貸すのですから、貸したら期日までに元金に利息を付けて返してくれる人だけしか相手にはできないのです。だからこそ、申し込み者全員を審査するのです。そして、審査を通過した人だけを正式なお客さんとして扱うのです。
キャッシングに限らず人生というものは、信用が第一なのです。審査に落ちたくないと思ったら、まずは信用される人間になりましょう。